花粉が飛散するころ、特に注意したいのが服についた花粉です。せっかく掃除機などで部屋から花粉を除去しても、服についた花粉が室内で飛散してしまったら意味がありませんよね。当サイトでは花粉から身を守るための注意事項をご紹介いたします。

花粉のアレルギーテストの種類とDHAの有効性

花粉のアレルギーは、ひとつではありません。60種類以上のアレルギーの原因となる花粉があります。
アレルギーテストの種類は、アレルギーエキスをたらして皮膚に傷をつけて反応を見る、ブリック法、スクラッチテスト。アレルゲンエキスを微量注射して反応をみる皮内法。アレルゲンエキスを皮膚に貼り付けるパッチテスト。アレルゲン毎にアレルギー反応の強さが6段階でわかる血液検査。花粉エキスを鼻の粘膜に付着させて、症状を中心に発生の有無を観察する、鼻誘発テストなどがあります。アレルギーテストはアレルゲンひとつに対して金額が発生します。
花粉によるアレルギーか、風邪によるものかわからない場合には、鼻水の色や症状の出現期間に注目すると、花粉によるものか風邪によるものかわかります。
花粉によるものの場合には、基本的に分泌物は無色透明で、風邪やばい菌の感染ならば、黄色や緑になっております。また、症状も風邪の場合は数日で症状は改善します。
アレルギーテストを行った際に、アレルギーによるものだとわかった場合には、アレルギー物質に近寄らないことが一番の対策ですが、しっかりと睡眠をとることや栄養バランスの整った食生活を心がける、お医者さんに薬を処方してもらう、適度な運動やマスクの着用などがあげられますが、DHA を摂ることもとても有効的です。
DHAはアレルギー症状を抑えてくれる効果があります。DHAを多く摂取することで、ロイコトリエンというアレルギー症状を引き起こす物質の原料となる細胞膜の脂肪酸がDHAと置き換わって、ロイコトリエンができにくくなることで、アレルギーが改善することができます。
DHAのロイコトリエンの働きを和らげてくれる効果はアレルギー効果を抑えるためにとても効果的です。