花粉が飛散するころ、特に注意したいのが服についた花粉です。せっかく掃除機などで部屋から花粉を除去しても、服についた花粉が室内で飛散してしまったら意味がありませんよね。当サイトでは花粉から身を守るための注意事項をご紹介いたします。

花粉や猫の食物アレルギー、素材金属アレルギーについて

アレルギーとは、免疫反応が、特定の抗原に対して過剰に起こることをいいます。アレルギーは様々な疾患の原因となることが知られており、その病名としてもアトピーや鼻炎、また胃腸炎や気管支喘息といったものまで多くの疾患が確認されています。
その中に、花粉症があります。様々な花粉によって引き起こされる事が確認されており、その中でも代表的なものとしてはスギ花粉症が知られています。他にも花粉症の原因となるものとして、ヒノキ、マツ、ブナ、イネ、ヨモギ、ブタクサなどを上げることができ、鼻の粘膜や目の粘膜に起こると、くしゃみや鼻水、鼻づまり、目の痒みなどの症状を引き起こします。
猫の食物アレルギーはペットである猫に症状が現れるアレルギーのことをいいます。キャットフードに含まれる、牛肉や乳製品、また、魚などが猫の食物アレルギーを起こす可能性があるといわれており、主に蛋白質が原因とされています。猫の食物アレルギーの症状としては、年中かゆがっていたり、かゆみのために掻きむしっていたりした場合にはアレルギーの可能性があります。また、口の回りや足元、腹の部分をかゆがるのもその疑いがあり、食事を替えたためにかゆがるようになった場合でも注意が必要です。
素材金属アレルギーは金属製のものを着用することによって、素材からの金属が少しづつ溶けだし、それがイオン化して体内にとりこまれることによって引き起こされます。金属だけではアレルギーの症状を起こすことはなく、イオン化された物質がタンパク質との結合によって起こります。素材金属アレルギーは元素が安定している物質はなりにくといわれており、特に純金においてはその効力が知られています。ただ、注意をしなければならないのは、それが100%ではないということです。素材金属アレルギーで一番困るのは歯の治療ですが、最近では素材にセラミックが用いられるなど、対策が講じられています。